【株の学校123】株で、毎月コンスタントに儲けている株女子(カブジョ)にインタビュー!

【株の学校123】株で、毎月コンスタントに儲けている株女子(カブジョ)にインタビュー!

『株で負けない技術』がわかる!無料ベーシックコース説明会開催中!
http://123kabu.jp/taiken/taiken_seminar_l.php?utm_source=youtube&utm_medium=refferal&utm_campaign=y.tradingrady20120925

インタビュアー「今日はインタビューをよろしくお願いします。」
田中「お願いします。」
インタビュアー「株を始めてどれくらいですか?」
田中「今年の1月に、初めて(株の学校123の)無料セミナーを受けましたので、そこから9ヶ月とちょっとです。」
インタビュアー「123に入ったきっかけは?」
田中「株主優待券が欲しかったからです。なので、株の学校をもともと探していたとかではないんですよ。
私の場合、『株を始めたい』というきっかけで123を見つけたわけではなかったんです。優待券の買い方なんかを調べているうちに、投資スクールの存在を知ったんですね。123のことは無料情報誌で知ったんですが、『株の学校があるんだ』と思って。しかも、『無料セミナーで、お菓子とお茶も出ます』と書いてあったんで、『それは行ってみよう!』と、友達を誘って参加してみました。」
インタビュアー「実際入ってみて、何か変化はありましたか?」
田中「ありましたね。株にハマりました。株主優待券については、ちょうど今週貰えることが確定したので、(本来の)目的はもう達成してしまったんですけど、(株を)やめようとは全然思っていません。株は楽しいです!」
インタビュー「最初(資金は)いくらぐらいで株を始められましたか?」
田中「50万円と決めていました。私はお金持ちじゃないんで、(資金が)消えてなくなってしまったら悲しいんですけどね。でも最悪、(株で損して資金が)なくなっても『授業料だ』と思うことにしようと決めて始めたんです。なくなってもいいお金が50万円で、すでに10万円くらい投資してるので、実際に(自由に)動かせる資金は残り40万円くらいですね。」
インタビュアー「いつもどんな感じでトレードをしていますか?」
田中「STSで配信されたもの(銘柄)を優先的にトレードします。やっぱり、40万円だと買えるものと買えないものがあるので、配信されたものを全部買うわけではないです。買える銘柄が配信されたときはほぼ、買わせてもらっています。
例えば、STSで25万円使った場合、123で習ったポイントに来ている銘柄の中から、残りの15万円で買えそうなものをひたすら探してやっています。」
インタビュアー「働きながらでもトレードは出来ますか?」
田中「絶対出来ると思います。私は、日中は仕事をしていますので、銘柄探しは夜にしています。外回りの仕事をしていますので、長く電車に乗るときや、土日に空いている時間を使って、良さそうなポイントに来ている銘柄を探しています。探すときは、あ行から順番に探したり、友達の名字を入れてみたりと、思いつくキーワードは全部入れて探していますね。
平日は2時間も3時間も(チャートを)見られるわけじゃないので、株のことをやるのは1日1時間と決めています。見られるだけ見て、『よし!これを仕掛けてみようかな』とか、『下がってきたから、(候補から)外そうかな』などといった精査をするんですが、その時に使う時間は1日1時間か、多くても2時間ですね。
インタビュアー「(仕事中)社内で株の情報を見るときは、何を使って見ているんですか?」
田中「社内ではスマホで見ています。最近はいろんなアプリがあって使いやすいので、売買はほぼスマホで行っていますね。
銘柄スクリーニングは、123で教えて頂いたネットストックトレーダーを使っていますが、会社のパソコンではさすがに使えないので、トレードはほぼ全部スマホでやっています。」
インタビュアー「忙しい中、トレードする工夫は?」
田中「こまめにチェックすることです。私はタバコを吸わないのでタバコ休憩は行かないのですが、トイレには必ずスマホを持参しています。トイレで、ちょっとした化粧直しをするときも、右手で化粧を直しながら、左手にスマホを持ってチャート見たりとかね。外勤に出るときは、信号待ちのときに、すぐ銘柄を確認するようにしていますね。
ちょっとした合間にスマホを使っていますので、『株をやる時間がない』と思ったことはないですね。
しっかりチェックする時は、夜に家でやっています。銘柄番号とポイント…『ここに来たらロスカット』とか『ここに来たら買おう』とか…そういうのは、頭に入れておくようにしています。」
インタビュアー「株で儲かったらどんなことをしたいですか?また今、すでに儲かって何かしていますか?」
田中「今の目標は、『今日のランチ代を稼ごう』というくらいのものですので、2000円くらい(利益が)出たら大喜びして利益確定しています。ですので、『大儲けしよう』というやり方はしてないですね。
例えば、朝買った銘柄が10時半くらいの段階で、プラス1500円になっていたら、『やった!今日は美味しいものが食べられるんじゃない!?』と喜んで利益確定したりとか。そんな感じです。
まぁ、毎日散財するわけにもいかないので、多く儲かったときにある程度貯金して、株の資金も最終的には200万円くらいまで増やしたいと思っていますね。それが最終目標です。」
インタビュアー「友達にも(株を)紹介していますか?」
田中「結構しています。(紹介した)セミナーに、実際に行ったかどうかまでは追及しませんけどね。
『(株は)楽しいよ』って話をすると、結構みんな興味を持ってくれます。そんな時も、ネットで(123の)URLを送って、『私はこの先生に習っているんだよ』とか、その程度の内容を話すにとどめています。あんまり強く勧めて、『なんか怪しい』と思われても困るし…。それに、勧めた人が株に向いていなくて大損したら、私、絶対恨まれてしまうと思うんですよ。
『よかったらやってみない?』って、軽く勧めたことはあります。多分、2、3人に言ったと思いますね。(紹介した友達が)スケジュール帳にメモしていたので、セミナーに行っていると思います。
『ベーシックコースっていくらなの?』とかそういう相談を受けたら、分かることはお話しようと思っていますが、私から強く勧めることはしません。(株に)興味を持っている友達が多くて、『行ってみたい』という子はたくさんいます。」
インタビュアー「今、株は楽しいですか?」
田中「楽しいです。(生活から株が)なくなったら嫌ですね。」
インタビュアー「ちなみに、利益は上がっていますか?」
田中「上がっています。」
インタビュアー「聞いてよければ、具体的にどれくらいですか?」
田中「先ほど言った、『株のことに使う』と決めている50万円は別に考えて、それ以外では、上昇相場のときは月におよそ10%くらい、4~5万円くらいは利益が上がっていると思います。
下降相場のときに、『デッドクロスしたから、オールキャッシュにして下さい』とかいう指示が出ると、相場に手を出せなくなります。そういうのがある場合は、月に2万円弱くらいですかね。」
インタビュアー「結構コンスタントに利益はあるんですね。」
田中「そうですね。1日2000円(利益が)出たら利益確定しますし、700円とかでも、手数料を引いて100円でもプラスになったら利益確定しています。ちょこちょこ繰り返して取引していますので、大きな儲けはありませんが、トータルで見ると、意外に稼いでいます。」
インタビュアー「最後に、これから株を始めようという方にメッセージをお願いします。」
田中「9ヶ月前にセミナーに行く前までは、『株は怖いもの』だとか、人生ゲームの『株の大暴落』の影響で、悪いイメージしかありませんでした。でも、実は(株は)ワンクリックでお金が稼げる。しかも、仕事をしながらでもできます。私は仕事の合間に取引していますけど、周りの同僚は、私が株をやっていることに気づいていないと思います。仕事をしながら片手で副収入を得られるので、すごくおすすめだと思います。うまく取引できたら、『毎日のランチを1品豪華に』と思いながらやっています。」
インタビュアー「では、これからも頑張っていきましょう。よろしくお願いいたします。今日はありがとうございました。」
田中「ありがとうございました。」

【金融商品取引法に基づく広告表記】
◆株式会社トレードイノベーション◆当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です◆登録番号 関東財務局長(金商)第2423号◆報酬体系 ベーシック会員3ヶ月248,000円以降1年のみ 1,000円◆株価等の価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。また、 株式等発行者の経営・財務状況及び外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。また、信用取引やデリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。◆当社は、社団法人日本証券投資顧問業協会の会員です。◆ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。