株式投資の鉄のルールとは!【株の学校123】

株式投資の鉄のルールとは!【株の学校123】

“『株で負けない技術』がわかる!無料ベーシックコース説明会開催中!
http://kabutechnical.jp/technical_taiken/?utm_source=youtube&utm_medium=refferal&utm_campaign=y.rule20121009

「みなさん、こんにちは。株の学校123の大場です。
以前、株価の性質、それから方向線に(株価が)タッチしたときに買う、というお話をさせて頂きました。
そして、前回のビデオで、みなさんにお話ししましたよね。”鉄のルール”。
今回のVTRでは、この”鉄のルール”について解説していきたいと思います。みなさん気になってたと思いますが、大変お待たせしました。
(画面を指して)今からこのこのチャートを見ながらお話していきますよ。いいですか。
”鉄のルール”とは何か?

方向線が上向きの時、株価の性質、方向線に対して上に膨らむという性質を利用します。ですので、”鉄のルール”では、上向き方向線を抜けたら買いです。
では、『どうなったら売ればいいのか?』というと、株価が方向線を割り込んだら売りです。これが、”鉄のルール”です。

今度は、方向線が下向きの時ですね。このような場合にどうしたらいいかというと、方向線を株価が上から下に割り込んできたら、”空売り”をおすすめします。その後、どうなったら買い戻せばいいのかと言うと、(画面を指して)こういうところですね。方向線を株価が、上から下に抜けてきたら、買い戻します。

たったこれだけのルールですが、どうですか?皆さん。
(画面を指して)ここで空売りをして、ここで買い戻したら、結構利益出ますよね。これだけなんです。

みなさん、よく考えてみてください。方向線が上向きのとき、方向線を株価が下から上に抜けてきたら買いですよね。ところが、翌日になって方向線を割り込んだとします。割り込んだら売るというのが”鉄のルール”ですよね。『抜けたら買い、割ったら売り』。

方向線を割り込んだら売るというのは、一見ロスカットになってしまうんじゃないかと思われる方もいらっしゃると思いますが、方向線が上向きだと、翌日に割り込んだとしても、若干ですけども利益になっているんですよね。ですので、この”鉄のルール”をやっていくことが、最大のリスク回避法であり、負けない技術の基本なんです。

これは、”不変の真理”です。このルールさえ守ることが出来れば、(株で)負けることがなくなります。123のルールは、こういった”不変の真理”を組み合わせていきます。これが相場の原理原則です。

最後に、今までの動画の内容をまとめます。

123のテクニカル手法は、テクニカルチャートのみを使います。そして、方向線をしっかり見て、株価の性質を利用していきます。株価が方向線に触りに来たときに、鉄のルールを使いトレードしていきます。このルールを守るだけです。非常に簡単ですね。簡単すぎて拍子抜けした方もいらっしゃるのではないかと思うんですけれども、最も強力な手法とは、実は最もシンプルな手法なんですね。シンプルイズストロングです。

ただし、落とし穴があるんです。

実は人間というのは、シンプルな手法であればあるほど、ルールを守ることがなかなか出来ないんですね。『何か大きな意味があるものでなければ、ルールを守ることが出来ない』と考えてしまう方が多いんですけども、『このシンプルなルールをしっかりと守っていくことが出来るか?』ということが、トレードをする上で非常に重要になってきます。

ここからは、『ルールを守るメンタル』をいかに強化していくかが大事になってきます。このルールを守り、ぶれないトレード、そして”ぶれない脳”を強化していくことが必要になります。

人間は、どんどん情報を得ないと不安になってきてしまいますが、トレードは、たくさんの情報を得れば利益を出せるというものではないんですね。一方で、123のテクニカル手法は、本当にこのようにシンプルなものです。有効なもの、有効な手法にどれだけ絞り込むか、そしてそれをいかに守りトレードするか、ということが必要になってくるんです。

ここで、みなさんに1つキーワードを言います。そのキーワードは、『これ以外は考えないでください』というものです。

新たに(知識として)何を入れていくかではなくて、何を捨てられるか。これがキーワードになっていくんですね。パラダイムの発想・転換をしていきましょう。これが重要なポイントになります。

さて、”鉄のルール”、非常にシンプルな手法ですが、実際に方向線で売買をするためには、あるシステムが必要になります。注文を出すための”発射ボタン”が必要になるんです。テクニカル(手法)を使ったトレードは、実は、ネット対戦ゲームみたいなものなんですね。

それでは次回のビデオでは、この”発射ボタン”についてお話していきたいと思います。
それではみなさん、また次回のビデオでお会いしましょう。」

【金融商品取引法に基づく広告表記】
◆株式会社トレードイノベーション◆当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です◆登録番号 関東財務局長(金商)第2423号◆報酬体系 ベーシック会員3ヶ月248,000円以降1年のみ 1,000円◆株価等の価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。また、 株式等発行者の経営・財務状況及び外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。また、信用取引やデリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。◆当社は、社団法人日本証券投資顧問業協会の会員です。◆ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。