【株の学校123】株を買うタイミングは、まだまだある。

【株の学校123】株を買うタイミングは、まだまだある。

“トレードの勝ち組への近道はこれだ!!利益のカラクリ体験講座
http://kabutechnical.jp/technical_taiken/?utm_source=youtube&utm_medium=refferal&utm_campaign=y.timingofbuy20130401

(酒井)
「株の学校123の酒井です。今、株が非常に注目されています。新聞の一面や、いろいろなマネー関連の雑誌の見出しに株のことが載っているなど、様々なメディアで取り上げられています。

(ホワイトボードに新聞を表示して)これは、つい先日…3月30日付の日経新聞の一面です。『期末株価 3年ぶり上げ幅』と書いてありますね。『日経平均、今年度23%上昇』ということで、このようなニュースが飛び交っています。株を始めた方も非常にたくさんいますし、これから株価がもっと上がるのではないかということが、盛んに書かれています。

少し前から株を始め、株価の上昇にうまく乗れて利益が出たという方もいらっしゃると思います。また、これまで株を見ていただけで、実際の取引はしていないという方もいらっしゃると思います。後者の場合、『今からは、やっぱり株だな』と思って始めたら、これまで株価が上昇していたにも関わらず、自分が買った途端に下がり出し、周りは株が上がって利益を得ているのに、自分だけ損している…なんていう状況になってしまうこともあるんですね。

株が上がっているというニュースが出ても、チャートを見る限りそうでもない、ということが分かる場合があります。(チャートを表示して)これは日経平均のチャートです。最近、ずっと株価は上げてきています。(チャートを拡大して)でも、毎日の日経平均の動きを見ていくと、上がっているとはいっても、株価は実際には波を打っています。今もこういう風に波を打っていますね。株価は波を打ちますので、上昇基調の中でも株価が下がる局面があります。

株価は波を打ちますので、上昇している時に高いところで買ってしまうと、そこから下がって損をしてしまうことがあります。ですので、全体として見た場合は上昇が続いているのに、自分が買った時だけ株価が下がって損をしてしまう…というケースが発生するんですね。ですので、株は売買のタイミングが非常に大切になります。いつ買ったらいいのかということが明確にわかるのが、この株価チャートなんですね。

ということで、私は毎日このチャートを見ています。そして、デイトレーダーだった時には、このチャートを見ながら毎日取引していました。

今、日経平均は非常に上がっていて、上昇基調にあるということが先ほどの日経新聞にも書いてありました。でも、『今、いいよ』と言っている時は、もしかしたら株価は天井にあるかもしれません。ですから、タイミングを見ないといけません。このタイミングを押し目といいます。押し目というのは、上昇基調の中で下がる局面のことです。買う場合は、この押し目で買います。その押し目がどこなのかとか、押し目からどこで上昇するのかとか、そういうタイミングをこのチャートを使って判定していきます。ですので、高値で買ってしまったという方や、これから株を買いたいという方は、この押し目がねらい目になりますので、ぜひそういうタイミングをつかんで、株で利益を得ていただきたいと思います。

ということで、現在株は上昇基調にありますが、買いのポイントはまだまだあるということをお話しさせていただきました。ということで、頑張っていただきたいと思います。それではまたお会いしましょう。お疲れ様でした。」

【金融商品取引法に基づく広告表記】
◆株式会社トレードイノベーション◆当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です◆登録番号 関東財務局長(金商)第2423号◆報酬体系 ベーシック会員3ヶ月248,000円以降1年のみ 1,000円◆株価等の価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。また、 株式等発行者の経営・財務状況及び外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。また、信用取引やデリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。◆当社は、社団法人日本証券投資顧問業協会の会員です。◆ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。