アメリカ

1/2ページ

アメリカ株価予想:やばい?【3/1版】

0 どうも、中原良太です。 2/25から2/26にかけて、ダウ平均は2日連続で大きく下がりました。 原因は「金利の上昇」と言われてますね。僕もそんな気がします。 前々から「金利の上昇は怖いぞ〜!」という話をしていましたが、思ったよりも金利上昇が早くて驚いています。 「そんなにやばいの?」と心配な方も多いでしょう。 Twitterやってます: Tweets by STOCKFORECASTjp #株 […]

アメリカ株価予想:強気【2/15版】

0 どうも、中原良太です。 25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。 アメリカ株が見たこと無いくらい高くてビビります。 株価ってのは不思議なもんで、多少、割高なくらいでもグングン上がります。けっこうしぶといんですよね。 日本株バブルでさえ、1985年から1990年まで5年くらい続きましたし。 ただ、経験則的には「しぶといバブルほど、弾けたときに厄介になる」も […]

アメリカ株価予想:危険【2/8版】

0 どうも、中原良太です。 25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。 2月第1週。アメリカ株が大きく反発しました。 巷では「1月末の下落はロビンフッダー・ショックだった」なんて言われてます。そうだったのかもしれません。 株価が下がった理由が「割高だから」なら、まだまだ下がるはず。 でも、引き金が「ロビンフッダーの大暴れ」だったので、短期間で沈静化できたみたい […]

アメリカ株価予想:暴落【2/1版】

0 どうも、中原良太です。 25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。 ついにアメリカ株が下がり始めました。 先週もお話ししましたが、僕は割高なVOOというETFを売り、割安なBRK.Bという大型株へ乗り換えました。 去年からずっと「アメリカ株は過熱気味だ〜!」と話してきましたが、そろそろ天井かもですね。 「これからどうなっちゃうの?」「底はいつ?」と心配な方 […]

ハプスブルク家、今も世界を支配してる証拠【最終回】ロスチャイルド家を凌駕する郵便事業タクシス一族とダボス会議と歴史の裏話

0 ハプスブルク家は、現在の世界の経済や政治、株やFXを「支配している」というのは、本当なのか? ロスチャイルドより、遙かに上の存在なのか? そのハプスブルク一族の歴史と裏話について フランツ・ヨーゼフ1世の弟の長男で、オーストリアハンガリー帝国の次期皇位継承者だったフランツ・フェルディナンド大公夫妻が、サラエボで暗殺される このサラエボ事件がきっかけとなり、第一次世界大戦始まる 帝国主義国家がド […]

アメリカ株価予想:過熱【1/25版】

0 どうも、中原良太です。 25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。 ここ2週間、アメリカ株が膠着しています。 すでにアメリカ株は過熱感があるので、いまは強気に買いに行くより、「いつ逃げようか?」と慎重に退きどきを見極めるときだと考えます。 本動画では1/25以降のアメリカの株価の予想を僕なりにまとめます。 Twitterやってます: Tweets by S […]

アメリカ株価予想:避難【1/18版】

0 どうも、中原良太です。 25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。 アメリカ株が伸び悩んでいます。 僕はNISAでVOOというアメリカ株ETFを買っています。ですが、そろそろ天井も近そうなので、割安なバークシャー株へ乗り換えようと考え中です。 本動画では1/18以降のアメリカの株価の予想を僕なりにまとめます。 Twitterやってます: Tweets by […]

アメリカ株価予想:最高値【1/11版】

0 どうも、中原良太です。 25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。 ダウ平均とNASDAQがふたたび史上最高値を更新しました。 アメリカ株は高値水準ですが、「いますぐ売るべきか?」と言われると判断が難しい。 よく思うのですが、底を判断するよりも天井を判断するほうが難しいです。 というのも、株価が過熱気味に見えるときでも、経験則的には我慢して持ち続けるとうま […]

アメリカ株価予想:崩壊リスク【1/4版】

0 どうも、中原良太です。 25歳のとき、Yahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞しました。 2020年末、ダウ平均は史上最高値を更新して引けました。 正直なところ、僕はダウ平均の高値更新を心配しています。 というのも、年明けは節税対策が一服し、バブルが弾けやすく、上昇トレンドがガタつきやすい時期だからです。 その良い例が1990年の日本株バブル崩壊です。日本株は1989年の大納会 […]